BLOG

2021/07/17

シーリング撤去の時にボンドブレーカーと呼ばれる背面接着を避けるテープまで剥がれるケースがあります。

この場合、打ち込む前にボンドブレーカーを入れれば良いだけなのですが、結構なケースでボンドブレーカーを入れない業者が多いです。そうした場合、シーリングが適切な性能をしてくれません。

シーリングというのは湿度などの環境の変化に応じて多少伸びたり縮んだりしています。その時、ボンドブレーカーなし、つまり3面接着状態だといわゆる“あそび”がないのです。
そのため横も後ろもがちがちに接着されてしまった状態だと、シーリング材が伸び縮みするときに目地割れといわれる劣化症状を引き起こす可能性が高くなってしまうのです。もちろん、ボンドブレーカーを使用すれば100%目地割れしませんということではありませんが、シーリング部分にかかる負荷を軽減させてあげることが出来るのです。